企業などが送っている郵便やメールなどを用いたダイレクトメールは、商品案内や顧客へのアプローチなど、さまざまなシーンで宣伝に活用されています。種類や形状もいろいろあり、用途に応じて使い分けされています。郵便でのダイレクトメールでもっとも多いのがはがきタイプです。はがきは手に取ってもらえれば見たまま、手に取ったままが情報となり、記載されている情報が伝わりやすいので、イベント情報などによく使われています。また、同じはがきでも圧着はがきは、シール粘着ではがせるようになっており、中の情報により興味がわくようなしかけとなっています。ほかにはレタータイプ、OPP封筒タイプなどもあり、どのタイプも視覚に訴え、目に止めてもらうのが狙いです。毎日のように届くダイレクトメール、あなたはどれだけ目を通していますか?

不要なダイレクトメールに困っている方へ

これまで縁のあった企業やショップからダイレクトメールがたびたび届き、困っているという方も少なくないでしょう。こういった郵便物を規制する法律などはなく、たとえ迷惑行為であったとしても受け取らざるを得ない状況です。どうしても受け取りたくないという場合、その郵便物に「受け取り拒否」と記入し、ポストに投函することで、送り返してもらうことができます。この場合開封してしまったら送り返すことはできません。送り返した郵便物で相手に受け取りたくない旨の意志が伝われば、ダイレクトメールの送付を回避できます。また、直接電話でお断りするのも一つの方法です。企業側は受け取り側が示した配信停止の意志を無視することはできず、個人情報保護法をもとに交渉することができるので、どうしても困っている場合は交渉してみましょう。

FAXで送られてくるダイレクトメールについて

ダイレクトメールにはFAXDMというものがあります。文字通りFAXで送られてくるダイレクトメールですが、受信すれば紙とインクが必要となり、受け取りたくない内容のものであれば無駄と考えてしまうものです。さらに、FAX受診中は電話回線を使っていることとなり、頻繁なFAXがあれば損失を被ることも考えられます。もしも相手の電話番号が特定のものであれば、受信拒否設定をするのが望ましいです。受信側の設定としては、ペーパーレスにしておくのがおすすめで、受信したもののうち必要なものだけを印刷するようにすれば、紙やインクの無駄を省くことができます。FAXをメールで受け取れる設定も可能で、しっかり内容を吟味してからプリントアウトすることができます。FAX本体も必要なくなるため便利です。