ダイレクトメールは一度に多くの相手先のアドレスに送れますし、経費も大変安いことから、今では商業を始めとした多くの目的で、個人や企業間などでの利用がされています。しかし自分が使う側にとってみればとても便利なダイレクトメールですが、受け取る側になった場合には、少々面倒だと思うことも多いでしょう。日に多くの相手先から送られてくる場合ですと、気づけば受信ボックスもすぐにいっぱいになってしまい、一つ一つを開いて目を通すにも、業務等に支障が出てしまうこともあります。また本当に必要な相手からのダイレクトメールが埋もれてしまうこともありますので、勝手に送られてきてどんどん溜まってしまうようなダイレクトメールは、迷惑メールということにもなるでしょう。このようなメールを上手に回避することで、支障が出ないようにしておきましょう。

メールソフトの機能を使い迷惑なダイレクトメールを整理する

メールソフトには、メールの振り分けができる機能が付いていることが多いです。あらかじめ受け取る重要度や、決まっている相手先があるのであれば、自動で振り分ける機能を使うのは効率的です。来る相手先のメールアドレスを受信箱に振り分ける設定を先にしておくと、自動で振り分けてくれるので、重要なダイレクトメールが埋もれずにすぐに見つけることができます。また知らない相手先からで明らかに迷惑メールだと認識したものには、迷惑メール用の受信ボックスへ行くような設定もできますので、再度来た時には自動で迷惑メール用のボックス行きです。このようにお使いのメールソフトの機能を使うと、迷惑なダイレクトメールを整理してくれて、効率化を図ることができて便利です。他の無料のメールソフトにもそういう機能がありますので、一度調べてみましょう。

迷惑なダイレクトメールを受信しない設定ができます

多くの迷惑メールがパソコンではなくスマホ携帯に届く場合もあるでしょう。このような時には、携帯キャリアのサーバにまずはアクセスしてみます。そこから、迷惑なメールがスマホ携帯には届かないように設定ができるのでしてみましょう。また不特定多数に自分のアドレスを登録したり知らせる時には、無料のフリーアドレス等を使うように徹底しておくことで、大事な本アドレスの方には、迷惑メールが届くことがかなり少なくなります。これは複数アドレスを持つことで、受け取るダイレクトメールを選別しておくということです。このように少しの手間で、受信箱の中の迷惑メールを絞って、効率よく必要なメールを受け取ることができますので、迷惑なダイレクトメールでお悩みの方は、一度メール機能の設定やアドレスを使い分けることを見直してみると良いでしょう。