会社のパソコンでも自宅のパソコンでもメールアドレスを取得すると必ずといっていいほどダイレクトメールが送られてきます。ダイレクトメールは企業の宣伝活動であることもしばしばですが、URLをクリックしてしまうと架空請求が送られてきて、ひどければウイルスがパソコンの中に入りこんでしまい、個人情報を抜き取られてしまう恐れもあるためたかがダイレクトメールと甘くみていると取り返しのつかない自体になってしまうため注意が必要です。また不要なダイレクトメールの受信が多いと本来必要であるメールを見落とししまう可能性もあるため、不必要なダイレクトメールは自動的に振り分けを行うシステムを使用することをおすすめします。こうした振り分け機能は簡単なものであれば元々パソコンやフリーメールのシステムについている場合もあるため利用するとよいでしょう。

ダイレクトメールを自動的に振り分けることができる機能とは

メールアドレスを取得し、メールを活用しているとどうしてもどこからかアドレスが流出してしまい、不必要なダイレクトメールが送られてきてしまいます。ダイレクトメールは自動で迷惑メールフォルダに振り分ける機能を使えばある程度のメールは見なくてもよくなります。また自分で1件1件消去しなくてもフォルダに入ったものを一括で消去することが可能です。またそのメールメールアドレスの受信拒否を行うと一度受け取ったメールアドレスからのメールを受信しなくてもよくなります。ダイレクトメールは受信したくないと思うことは当然です。しかしこうした受信拒否を行ったところで、アドレスを変えて違うアドレスでメールを送信されてしまうことがほとんどで、受信自体をなくすころは非常に難しいため、振り分け機能を活用するとよいでしょう。

ダイレクトメールの振り分け機能をより快適に使用するためには

受信したくないダイレクトメールは振り分け機能をつかうことで受信ホボックスに入ることなく自動的に振り分けを行うことができます。フリーメールなどを使用している場合はあらかじめ振り分け機能がついており、無料で振り分け機能を使うことができます。また振り分け機能をすり抜けてきてしまったメールもワンクリックで迷惑メールに登録することで次回から自動的に振り分けることが可能です。しかしこうした無料の振り分け機能ではどうしても機能に限界があり、必ずしもすべてのダイレクトメールに対応してくれるわけではありません。どうしてもダイレクトメールが邪魔になってしまう場合は有料の振り分け機能に申込みを行うとよいです。こうした有料の機能を利用することでより振り分け機能の性能がよく、不要なダイレクトメールを簡単に削除することが可能となるのです。