迷惑ダイレクトメールと必要なダイレクトメールの一番簡単な見分け方は、差出人を確認する方法です。友人や知人からのメール、頻繁にやり取りする会社やお店、登録した覚えのあるサイトが差出人となっていれば問題ありません。迷惑ダイレクトメールの多くは、差出人がランダムなアルファベットや、知らないサイト名になっていることが多いので簡単に判断することができます。また、差出人だけでは判断できない場合は、メールを開いてみて内容から判断することも可能です。迷惑ダイレクトメールでは、添付されているURLをクリックすることでウィルスに感染したり、リンク先に誘導させられたりする仕組みとなっています。また、近年銀行や有名サイトの名を騙って個人情報を盗み出そうとする迷惑ダイレクトメールもあるため、無暗にURLをクリックしないよう注意する癖をつけるのが大切です。

ダイレクトメールを回避するための方法を紹介

自分の知らない人や知らないサイト、登録した覚えのないサイトから勝手に送付されてくる迷惑ダイレクトメールに悩まされている人は多くいます。ただ勝手にメールが送られてくるだけならよいのですが、このメールによって被害にあうケースがあるため注意が必要です。特にURLリンクが添付されているダイレクトメールは注意が必要となり、間違ってクリックしてしまった場合パソコンがウィルスに感染して故障してしまうケースも報告されています。身に覚えのないメールは開く前に削除するか、開いてしまっても絶対にURLをクリックしないよう注意してください。ダイレクトメールが送られないように対策するのが一番望ましい解決法ですが、どれだけ注意をしてもどこからかメールアドレスが漏れてしまいます。そのためメールアドレスを頻繁に変更する必要があるのです。

ダイレクトメールが送られてこない対策とは

迷惑ダイレクトメールが頻繁に大量に送られてくると、重要なメールを見逃してしまうことや、メールボックスの容量がパンクしてしまう可能性もあります。そのため、あまりにも大量の迷惑ダイレクトメールが送られてくる場合は早期に解決することが望ましいです。問題の解決方法として、まず一つ目に受信拒否設定をすることです。迷惑ダイレクトメールのアドレスを受信拒否に設定することで、そのアドレスからはメールが届かなくなります。しかし、迷惑ダイレクトメールは1つのメールアドレスを使っているのではなく、複数のランダムなメールアドレスを利用しているので、その全てを受信拒否設定するのにはかなりの手間が掛かります。そこで最も有効的な手段の一つに、自分のメールアドレス変更する方法があります。これで迷惑ダイレクトメールの数は格段に減りますが、アドレス変更を必要各所に知らせる手間が出てきます。